1. TOP
  2. 私たちの手法と考え方

私たちの手法と考え方

オサマジョールはブランディングを通して企業のコミュニケーション課題を解決し、
企業と生活者を結び豊かな世の中を作りに貢献してきます。

企業がコミュニケーション課題の解決に向き合う時、有効な手法の一つに「ブランディング」があります。ブランディングとは、企業や商品・サービスの「ブランドを確立する=ブランド価値を高める」活動の総称です。

企業やサービスの名称やロゴの変更、ブランド広告、企業理念やビジョン、商品ブランド構築やサービスブランド導入、顧客サービスや社員の啓蒙など、本当に様々な活動の総称が「ブランディング」なのです。

様々な意味を持って使われ、少しカッコいい響きのあるこの「ブランディング」というコトバですが、一方で、企業経営者やブランド担当者の皆さまの中にはあまりいいイメージをお持ちでない方も多いと思います。

「具体的な施策になってない」
「結局全体がちぐはぐになってしまった」
「結局うちの会社には合わなかった」
「売りにつながらない手法だ」
「現場は何も変わらっていない」

ブランディングを実施した企業さまの中でよく聞くお話です。会社の組織やエージェンシー力量など様々な事情の中で、ブランディング活動の一部しか実施できず中途半端に終わっている例が多く見受けられます。こうした苦い体験を通して、ブランディング手法が「曖昧」「コトバだけ」「売れない」という誤解につながっています。

私たちはそこに足りないのは「コミュニケーション」だと思います。

関わる全てのステークホルダーにブランドの価値を「コミュニケーション」し、全員が共通に理解してブランド確立に進むこと、ユーザーにブランド価値を「コミュニケーション」することで、印象づけ、実際に体験していただくことで、人々の中にブランドが生まれます。ソーシャルメディアが盛んな昨今では、ユーザーと「コミュニケーション」しながらブランドを創っていくという手法も盛んです。

私たちが言う「コミュニケーション」とは、広告やPRといった宣伝活動だけではありません。売り場の店員さんの制服や言葉遣い、街中で見かける何気ない関連情報、経営者がインタビューに答えるそのコトバ、会社組織の中での貼り紙から稟議の基準・経営方針まで、社員の皆さま・お客様・株主などすべての人に「伝わる印象や体験」のすべて、それが我々のいう「コミュニケーション」です。それらを統合的に設計し、人の心の中に一つの価値の塊をつくっていく、これがわれわれがご提供している実践型のブランディングです。

「ブランディング」という魔法のコトバの前に、コミュニケーション課題に向き合えない/気づかないでいるすべての皆様のお力になりたい、本当の意味で企業を強くする「ブランディング」を提供したい、最後の「コミュニケーション」にまできちんと責任を持って関与したい、私たちオサマジョールは常にそう考えて仕事をさせていただいてます。

コミュニケーションと一体となった本質的で実践型のブランディングで企業を豊かにし、生活者をも豊かにする。そんな世の中づくりに貢献できることが私たちの願いです。

オサマジョール MENU